読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永井ギャラクシー せいかつ部

関西を拠点とするウェブ制作チーム“永井ギャラクシー”の台所。せいかつ部部長(せ部長)が担当します。今は更新停止中ですが、いつか復活するかも??

繁忙期に生まれた手抜き料理2品とマッサ作り

こんにちは、せ部長です。もう夏かなぁと思ったら冷え込んだり、変な気候ですね。

今日は料理の記事を書こうと思います。

去年の年末から4月くらいまでけっこう忙しかったんですが、それもだいぶ落ち着きました。本業以外にも事務的なことが残っていたりしたので、ここへきてやっとひと段落したなぁという感じです。

そんな忙しい中でもちゃんと料理してましたよ~!というのは嘘で、バテバテの私の代わりにほとんどつ部長が料理してくれていました。だいたい3か月くらい、私ほとんど料理してなかった気がします、せいかつ部部長なのに!

つ部長に、これとこれを使ってこんなものが食べたい!とリクエストすると、ネットのレシピを斜め読みして、だいたいドンピシャのものを作ってくれます。器用です。おかげでほとんど外食せずに倹約生活も継続できました。

そうは言っても手の込んだものを作る時間がないので簡単なものになります。そんな中、これヒット!というのが何品があったのでご紹介します。

一品目は明太子パスタ風はるさめです。

f:id:nagai-galaxy:20160604201219j:plain

うちは昔からパスタが好きでよく食べるのですが、あるときパスタ食べすぎじゃないか?と思い、ときどき他の麺で置き換えて作るようになりました。今までビーフンとか米粉パスタとか7割そばとかいろいろ試してたのですが、最近になって春雨があるじゃないか!と気づき、それからたびたび作っています。これ以外にもキャベツとアンチョビやツナでオイルベースにしたり、トマト豆乳ソースを絡めたりして食べてます。

この明太子のはつ部長が作ってくれました。私は明太子パスタを作るとき、醤油とレモン汁、オリーブオイルなどでさっぱりした味にすることが多かったのですが、つ部長のはバターと醤油とオリーブオイルらしいです。これがハマってもう何回も作ってもらってます。パスタよりもいくぶん軽いのも良いです。

二品目は鶏むね挽肉をそのまんま焼いたやつです!

f:id:nagai-galaxy:20160604203029j:plain

こっちは私の思いつきです。一応主婦の立場としてはこんなもの公開して良いのだろうかと思うほど手抜きなのですが、これはとても合理的な料理なのです!

鶏むね肉は高タンパク低カロリーかつ安い!ということで、できれば食事に取り入れたいのですが、いかんせんモソモソ食べづらいです。一応、重層に付け込んだりという方法も試してみたのですが、ちょっと面倒なうえ、重層の味が気になることもあります。

そんなことでむね肉から遠ざかっていたある日、冷凍庫の中にその挽肉を見つけました。もしかしたら、これそのまんま焼いたら解決するんじゃないかとふと思いました。つ部長に相談の上、試してみることにしました。

ぽこっとそのまま、油を敷いた玉子焼き器に置いて(フライパンほどの面積は不要だったので)、白ワインか何か水分をかけて蓋をして弱火で蒸し焼きにします。その間に玉ねぎをすりおろし、醤油やレモン汁と合わせ、ソースを作ります。それを流し込んで、中まで火が通って美味しそうにソースが煮詰まるまで焼きます。おろし玉ねぎだけ面倒だけど、後は蓋して放置なので簡単です。

ちなみに、このおろし玉ねぎのソースはよく作って使います。鶏むね肉でもハンバーグでも牛ステーキでも合います。ワインかレモン汁で酸味を足すのが好きです。オリーブオイル多めにしたらサラダにも合うと思います。でも玉ねぎによっては苦くなることがあるので注意です。

ということで試してみたらこれがなかなかいけます。しかしこれをハンバーグやつくねと思って食べてはいけません。あくまでもパサつきを解消した鶏むね肉と思って食べましょう。

ひとつ残念なことは、安いむね肉も挽肉になると割高になることです。うちの近所のスーパーではグラム30円ほど違います。でも味と手間と健康を考えると、そこは仕方ありません。

こう見えても、時間に余裕があった頃はちゃんと糸が引くまでこねてハンバーグ作ってたんですよーと、一応言いわけしておきます。

 

ちなみに、うちに常備している料理用の安いお酒です。とりあえず振りかけとけばなんか料理した気になれます。 

 

酸化防止剤無添加おいしい・濃い赤/サントリーワイン  1800ML 1本

酸化防止剤無添加おいしい・濃い赤/サントリーワイン  1800ML 1本

 

 

 

そんな感じで繁忙期も乗り切り、最近は余裕ができたので(つ部長は何やらまた忙しそうですが)、ちょっと気になってたマッサというものを作ることにしました。

一度カルディでも買って試してみたら、見た目ほどパンチのある調味料でもなかったのですが、なぜかまた食べたくなったので、自作してみることにしました。

で、今朝、晴れていたので10日ほど冷蔵庫で重石で塩漬けしたやつを取り出して干してみました。

f:id:nagai-galaxy:20160608111211j:plain

なんか天日干しって幸せな気分になりますね~。

1日くらい干して、フードプロセッサーでペーストにしたら完成らしいです。

こちらとこちらを参考に作らせてもらいました。

万能調味料マッサの作り方!赤パプリカと塩さえあれば簡単に作れる!バイキング

パプリカで作る旨みたっぷりの調味料 塩マッサの作り方とサンプルレシピ - ごりゅごはん

昔、半年がかりでアンチョビとか作ってたことを思い出しました。またアンチョビも仕込んでみようかなぁ・・・。

 

 

トマトコーポレーション アンチョビ ペルー産 Anchovy PERU 35g バラ

トマトコーポレーション アンチョビ ペルー産 Anchovy PERU 35g バラ

 

 

以上、料理の話でした~。